長崎の解体工事は一瀬組へお任せください。

電話お問い合わせ

費用について

解体工事は工事の場所や建物、サイズなど様々な要因から費用が変わります。
大体の目安、相場がありますので、こちらを目安に料金などをご検討ください。
あまりに安すぎる場合は、廃材が正しい手続きで処分されておらず、不法投棄などを行っている業者の可能性もあります。不法投棄は業者だけでなく依頼したあなたにも罰則が課せられてしまいます。
建物を建てる場合と違い出来上がりが更地のため、出来るだけ費用を抑えて行きたい部分です。しかし相場を知りしっかりと業者を見極める必要もあります。
ここでは業者選びと費用の参考に、解体工事の費用についてご説明いたします。

解体工事の費用について

住宅家屋やビル、建屋や店舗の解体の費用は

  • *産業廃棄物の量
  • *解体現在の難易度
  • *解体対象物の素材(木造、鉄骨、RC、SRC、コンクリートなど)
  • *機械の進入ができるかどうか
  • *解体対象物以外の撤去(庭石・看板・植木など)
  • *EVの使用が可能かどうか
  • *店舗などで夜間作業に限る場合など時間の縛りがある
  • *解体後に地盤はならすだけか?土地改良か?コンクリート敷きか?

など様々なことを考慮し見積いたします。
概ねの金額は坪(3.3平米)、3万円前後で上記の条件を考慮します。
30坪の一戸建てで機械も進入できる場合、70万~90万程度です。
あくまで目安ですので現地調査を行い費用が抑えられる場合や逆に高くなる場合もありますのでご相談下さい。

ご相談ください

解体工事の相場は?

解体工事を行う場合、音やホコリはどうしても発生してしまいます。
工事を行う前に近隣へのご挨拶や説明、保護シートの使用など対策をしっかりしてくれるか、事前に業者へ確認を行ってください。工事費用ももちろんですが、届出や近隣への配慮など本当に信頼して任せられる業者なのか納得のいくまで説明を受け判断をして下さい。
解体工事は、「壊せば終わり。」ではありません。 各種届出もそうですが、壊す前の準備が必要です。届出やその準備の一部を自身で行う事も可能ですし、他の専門業者に依頼することも可能です。
どちらの場合でも、下記の項目は誰がするのかを明確にしておく事をオススメします。

解体工事

  • *分別解体事前届出書の提出(80平方メートル以上の建物を解体する時に必要)
  • *建物滅失登記申請書
  • *トイレの汲み取り
  • *水道の移設
  • *その他、移設又は撤去(電気の引込み線、電話線、LP・市ガス、有線、CATV等の配線、アンテナなど)。

サービスの内容は、やはり解体業者によってまちまちですのでそれぞれしっかり確認しましょう。
解体工事の単価など費用相場は、解体する建物の構造や敷地面積、そして立地、業者によってもまちまちです。業界平均というものがなく、そのため悪徳業者も多く、困惑しているお客様も多いのが現状です。
だから、いきなり業者に連絡をして「○○万円が業界平均ですよ!」と言われてしまうとそういうものなのかと変な納得をしてしまい、高額な費用を請求をされてしまっては非常にもったいない話です。目安の平均値として覚えていただきたい金額をお伝えします。

料金

解体工事の費用に関して、近隣の状況(重機が入るか?足場は組めるか?など)や、 立地、建物の種類(2階建て?マンション?など)などにより同じ坪数の広さであっても掛かる費用は全く異なります。

また、解体業者それぞれが独自の基準に基づいて値段を決めていますので、はっきりとした価格の相場というのは言えません。 しかし、1坪2.5~4万円。これが、解体工事の価格相場だと覚えていただければけっこうです。

とは言っても、あくまで目安ですのでこの金額以下ということも以上ということももちろんあります。しかし、この基準を持っていることで安すぎる業者や高すぎる業者は少し怪しいのではという判断になります。
立地一つとっても、解体車両が入らない狭い住宅地であったり、地域によっても費用相場は違います。高台にあり作業が難しい場合など状況によっても価格は変わってきますので、 まずは一括概算見積もりを取り、実際にお会いして判断をして頂く事をおすすめします。そして、しっかり価格の説明を受け納得できる所へご依頼ください。

検討いただく1つの業者として一瀬組へご連絡、ご相談ください